天然石はひとつひとつ形が違って味がある

カテゴリ

最新情報

2017年12月14日
天然石はアクセサリーとしても身につけてもOKを更新。
2017年12月14日
豊富な種類がある天然石を更新。
2017年12月14日
天然石は相性が重要を更新。
2017年12月14日
天然石はひとつひとつ形が違って味があるを更新。

注目記事

天然石はアクセサリーとしても身につけてもOK

天然石をより効果的に持つ方法 天然石の力は、とてもつもなく偉大で強いものです。持つ人に希望や夢を与えること…

more

豊富な種類がある天然石

天然石を選ぶ際には欲張らずに 天然石と言っても、本当に各種色々と効果のある物が見受けられます。実際選ぶ時に…

more

天然石は相性が重要

天然石のおすすめの選び方とは 天然石といえば、その名前の通り不思議な力が宿っている石として人気があります。…

more

カレンダー

2018年6月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

天然石の歴史

アクセサリーやインテリア、露店からテナントとしてもよく見かける天然石ですが、そもそも「天然石」とはどんなものなのかご存知ですか?天然石とは「願いを叶えたり、特殊な力が宿っているとされる天然石」の事を言います。昔では聖職者や一部の権力者が身に着けていたアクセサリーでしたが、今では誰でも気軽に身に着けることができ、アクセサリーとして加工したタイプもあります。
しかし、持っているだけでは意味がありません。願いを込めてその石を身に着けていたりすることで、人の持っている潜在能力を引き出す力があると言われています。天然石ですので一つ一つの形が違い、また傷などもあり、天然石の種類によって意味が違うので自分の願いと近いものから選ぶ場合や、直感で気に入った石を選んだりすることがお勧めとされています。
天然石の歴史はとても深く、古来から様々民族の間で特殊な力があると考えられてきました。古来では天然石という認識はなかったとされていますが、装飾品として金などと同等に扱われていいたり、宝飾品として身に着けていたり、身分の高い人にしか身に着けることができなく、崇められていたとされています。日本では縄文時代から翡翠を勾玉などの宝飾品として愛用していたとされ、日本でも古くから天然石をパワーを持つ貴重なものとして扱っていたとされています。

天然石は新しいことを始める時に

天然石というのは持っていないといけないというものでもないですから、気になっていても購入をためらったり、少し欲しいと思っても、これといった購入するきっかけがないことで今まで購入したことがないということもあるでしょう。また、贈りものであれば購入に至ることもありますが、自分用であれば購入を後回しにしてしまうこともあるものです。ですから天然石購入のきっかけとして、新年の時や、新しい習い事を始めることをきっかけとしても良いでしょう。
そうすることで天然石を成功するためのお守りとして使うこともできるものです。何かを新しく始める時や新生活が始まる時というのは不安も多いですし、何か励みになるものが欲しいとも思うものです。ですからそういった時は天然石を持ってみましょう。
天然石を持つことで何か目に見えるような大きな違いというのは出てきませんが、それでも気持ち的に余裕を持つことができますし、うまく行かないことが多くても、綺麗な天然石を持っているということで気分が明るくもなることが多いでしょう。自分の精神面に大きな栄養を与えるということもあるので、心の支えとして持っていくと良いです。

Copyright(C)2017 日常生活をいろどり豊かにしてくれる天然石 All Rights Reserved.